能力評価試験

コンピュータサービス技能評価試験

受験資格と試験日程について

受験資格には制限がありませんので、だれでも受験することができます。 1・2・3級は重複して受験することができます。
(ただし、同一部門の同一級を重複して受験することはできません。)

平成31年度(2019年度)コンピュータサービス技能評価試験実施日程(一般募集試験)

前期 後期
試験期日 2019年7月7日(日) 2019年12月8日(日)
受験受付 2019年6月10日(月)~6月21日(金) 2019年11月11日(月)~11月22日(金)
合格発表 2019年8月19日(月) 2020年1月17日(金)
実施部門受験手数料
(ワープロ・表計算各部門)
1級 7,820円
2級 6,580円
3級 5,250円
1級 7,970円
2級 6,710円
3級 5,350円
試験会場 志津南まちづくりセンター(草津市若草五丁目10番地)
使用ソフト(OS) ワード・エクセル2019

コンピュータサービス技能評価試験

目的は
教育訓練施設や事業所において、コンピュータを活用した各種サービスを行う人々の能力を評価する試験です。
これによって、これらに従事する方々の技能習得意欲を増進し、社会一般の評価を高めることで、社会的、経済的地位の向上を図ることを目的としています。
どこが実施しているの?
中央職業能力開発協会と都道府県職業能力開発協会とが、共同で実施しています。
試験は、都道府県職業能力開発協会が実施する一般募集試験と、教育訓練施設等が中央職業能力開発協会の認定を受けて実施する認定施設試験とがあります。
合格者のメリット
企業から信用を保証し、その分野におけるスペシャリストであることが公的に証明されます。社会の高度化・複雑化にともない、企業でもその職務が専門化・多様化し、その進行の度合いが深まってきている今、あなたの存在をアピールするために、あなたの磨いた知識やスキルを充分に発揮し、確かなステップアップを図ってはいかがですか。